So-net無料ブログ作成

日米原子力協定に触れない原発論議の欺瞞

本当に不思議の国です。

脱原発を掲げる政党がありますが,現与党は「再稼働」が既に既定路線の様です。

脱原発するにしろ,再稼働するにしろ,そのおおもととなっているらしい「日米原子力協定」をどうするかの議論が全くありません。ちょうど今年から来年にかけてが調印・更新時期です。ちょうど今年から来年にかけてが30年目の更新時期にあたり,半年間の申し出期間があるそうですが,申し出がなければ自動更新される様です。先日のちょろっとした報道によれば,自動更新される見込みとのことです。

おおもととなっている「らしい」と書いたのは,協定の内容を確認していないからです。正式なものは現在ネット上では見られなくなっていますが,えらく不平等な内容らしいのです。核燃料は米国側が供給しその平和利用を謳うものらしいですが,様々な縛りのあるものらしいです。矢部宏治氏の著書「日本はなぜ『基地』と『原発』をやめられないか」によれば,日本側が決められるのは電気料金ぐらいだとの事です(氏も直接あたったわけでは無く,専門家からの伝聞とのことです)。

欧米は契約社会ですから,取り決めてサインしたものがものを言います。
2国間の協定が未来永劫に存続し続けるものでもないでしょう。かつて日本は,幕末期に欧米列強から押し付けられた不平等条約解消のために随分と苦労したことは中学レベルで学ぶところですので,日本の大人は皆知っているはずのことです。陸奥宗光が外務大臣の時に治外法権を,小村寿太郎が外務大臣の時に関税自主権を取り戻したと。

もし,協定に米国側が核燃料を供給し続けると書いてあるなら,日本の原発は止めるに止められないはずです。動かせば動かしたでプルトニウムはどんどん溜まり,様々なレベルの放射性廃棄物が溜まり続けますので,必ずその処理対策をしないといけません。

小学生の頃,鳥取の人形峠でもウラン鉱石が採れる為,石油とは異なり,ウランはある程度は自給可能なのだと習いました。しかし,現在同所での採掘は全く行われていないようです。恐らく,協定に基づきアメリカから核燃料供給を受けるため,国内で採掘する必要が無いのか,自前でのウラン採掘が実質的に出来ない様しばられているのか,いずれかだと想像されます。

何故か知りませんが,原子力関係の内容は報道されることはありません。軍事秘密なら別ですが,平和利用のはずなのになぜそんなに隠さないといけないのでしょう?福島の事故後の話ですが,所属する学術学会の研究会に原発事故関係のものがあり,参加してみました。普通の技術分野ならば,研究会資料が配られるわけですが,資料の出ない研究会というものがあるというのを初めて知りました。オープンにされて自由闊達に議論されない技術分野など,上手くいくわけがありません。

もう20年以上も前のことですが,福井で行われたとある学会の特別講演を「もんじゅ」の課長さんだかかやったのを記憶しています。持ち込みだったか会場側のものだったのか,なぜかスライドの機械が壊れ,要領を得ない全く良く分からない話で時間をつぶされた記憶があります。その時の学会側の司会者が呆れて,「もんじゅは壊れないようにお願いします」と言っていたのを思い出します。例のナトリウム漏れの事故は暫くして起こっています。どうも,この分野は,いくら時間とお金をムダにしても良い特権的な特殊分野のようです。国策だからなのでしょうか?

原発は最もコストが低いと喧伝されてきましたが,本当でしょうか?
太陽光や風力が高くつくというのは事実でしょうが,前者は相当安くなってきていますし,後者が高いのは風車などにいちいち無用に厳しい認証を通さないといけないからです。規模はさほどで無いにしても,どう考えたって,地熱発電の方が安いに決まっています。原子炉の代わりが地熱で燃料が要らず,廃棄物の処理も要らない訳ですから。原子炉でお湯を沸かさなくても地熱が沸かしてくれます。殆ど同じ技術で出来るとのことです。原子力ムラ所属?のごく一部の人を知っていますが,事故が起きた時は,憔悴して仕事替えを真剣に考えていて「地熱かな~」などと言っていましたが,いつの間にか,事故前よりも元気になっています。

コストでは無く他に理由があるのだけれどもそれをオープンにせず,事実を歪曲する。はっきり言って国民をだましているとしか言いようがありません。

原発は安定電源でコストが低く,自然エネルギーは不安定でコストが高いと言われます。どこまでが本当なのでしょうか。「うそを言うときは本当を混ぜておく。」原発が安定電源な事,巨大な電源である事は確かです。原発一基1GWとして,黒四ダム3つから4つ分の出力が出る。これを太陽光で賄おうとすると,ざっと東京ドーム200個分の面積が必要です。世界最大の洋上風力発電機を持ってしても110基必要です。しかもそれは,最高出力であって自然エネルギーは変動します。自然エネルギーは絶対量が少ない上に変動するので,原発代わりにならないという根拠です。しかし,人間の活動による電力使用量も変動します。超安定な原子力発電を増やしてしまうと,人間の使用が少ない夜間などの余った電力の処理が必要になって来ます。

水力のマイクロ発電が盛んです。下水の流れのエネルギーやらトイレの流した水力でさえ使おうと言う時代なのに,原発の建設とともに小規模の水力発電所を潰してきた経緯があります。日本は火山国で地熱資源は沢山あるのに,開発しようとしません。水力や地熱はやはり安定電源ですから,原発の性質とぶつかってしまうのです。どちらも,ベースロード電源になりますから,細かなものをつぶして原発に集約した方が合理的と言うわけです。

揚水式水力発電というものがあります。夜間など余った電気を使ってポンプで水を汲み上げて,日中落として発電に使う。効率は50%もあるのでしょうか?全くのムダなのですが,原発のように超安定で大出力な電源を多く使おうとすると,そういうものが必要になって来ます。原発が安いというコスト計算であれば,ベースロード電源部分を越えてでも原発で多めに電気を起こし,余った分は揚水発電で調整してやれば良いと,いくら効率が悪くたって捨てるよりは良いから十分元がとれるということです。しかも,あきらかに原発の調整弁に使う設備なのにその発電コストは水力発電の方に押しつけられています。

原発は,動かしさえすれば,一回数億円の核燃料装填で数千億円の電気代がとれる,金の成る木の様なものです。地元対策やら,マスコミ,政治対策やら様々にばら撒いても元は取れるのでしょう。裁判所だって巨額なカネの力の前にはあやしいものです。しかし,やはり一番心配なのは,動かせば出続ける廃棄物の処理です。今安全な地層に埋めると。これは究極の「今さえ良ければ良い。」という発想ではないでしょうか。核のゴミを押しつけられた子供たち孫たちはどう生きて行くのでしょう?

原発の技術は老朽化しています。熱的な変換効率は30%しかありません。しかし元の発熱量が膨大なので,効率が悪くても構わないと言う事なのです。水力は80%,火力が40%~50%の効率です。しかし何故か電力会社内では,原発を手掛ける人間は出世して重役になる。コンバインドサイクル発電などの高度な発電を手掛けても傍流。原子力は国策だから,あるいはそれが前提で利益が確実だからのようです。

我々が日夜いくら仕事で頑張ったって,新しい技術が出て来たとたん,旧いものは葬り去られてしまいます。しかし,コストが低いと言う御旗の下,実はコスト度外視で,国策で,高かろうが問題あろうが,古い技術の原発を動かし続けると。国がアメリカのコントロールの下に頑としてやると。それに関わる人にしてみたら,こんなに良い商売はありません。

あれほど騒いだTPPはどうなったのか知りませんが,内容もろくに明らかにしないまま,「大筋合意・大筋合意」と繰り返していたマスコミは,原子力協定もまた,内容を明らかにしないままあたかも日本の既得権かの様に装って,自動更新に滑り込ませることを目論んでいるように見えます。内容を隠して自動更新に持ち込めば,原発再稼働が勝ち,脱原発が負けなのです。推進側は,何事も無いかのようにやり過ごすのでしょう。一体ニッポンて誰の国なのでしょうか?

万事こんな調子だからといって,あきらめてはいけません。
推進側にも,脱原発側にも,原子力協定更新如何に何故触れないんだ?ということを強くつきつけないといけません。日本の将来を決める様な優先課題をしれっとやり過ごして,まるで関係無い事,やっていることと正反対な事を争点かのように並べたてて投票だけを叫んでいる,欺瞞の政治家を追放しないといけません。

戦後処理もきちんとしないままに,戦前回帰,明治回帰だと,バカも休み休み言えと言いたいです。原子力協定しかり,地位協定しかり,著作権ですら,世界中で日本だけが不利な扱いを受けているのに,見直そうという気配さえありません。戦前が良かったとするならばアメリカの支配を隠すのではなくて,白日の下に晒した上でしっかり解消しなければならないでしょうに。アメリカ支配下にあるままでの戦前や明治への回帰論は明らかな欺瞞です。反日だ売国だと叫ぶなら,それを言うなら,きちんと見極めろと言いたいものです。
nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:学問

nice! 7

コメント 9

majyo

2.3年前にまだ自動更新までは間があると思っていたら
もう目と鼻の先です。
決められるのは電気料金だけというあまりのお粗末さ
やる気がないのでしょう。
自民・維新あたりは公然と核を持つという議員がいます。
プルトニューム欲しさに、アメリカとの交渉をそのままです。
難しい事はわからないのですが、誰も問題にしません。
国会内で激しく追及してほしい。これを知らない人は多いでしょう。
言うだけは言ったというNHKニュースでした。
日本は本当に属国ですね
原子力はものすごく高くつきます。目先に捉われずに早くエネルギー転換してほしいです。
by majyo (2017-10-18 17:33) 

kazg

>アメリカ支配下にあるままでの戦前や明治への回帰論は明らかな欺瞞です。反日だ売国だと叫ぶなら,それを言うなら,きちんと見極めろと言いたいものです。
まったくです。本当の脅威、本当の危険の大元を見ようとせず、従属の現実全面的に受容した上で、美しい日本、古き良き日本を取り戻そうなどという錬金術のようなペテンを、野放しにするわけにはいきませんね。
by kazg (2017-10-18 18:11) 

Enrique

majyoさん,気づいた人が声をあげるしかないのですが,あまりにも見え透いた嘘と知りながら騙されたがる民,騙されても自らの不利を望む民,一体どうなっているのでしょう。朝日新聞にも更新の見込みと乗りました。報道しないとことも多いのでしょう。
by Enrique (2017-10-19 07:47) 

Enrique

kazgさん,あちこち劣化が甚だしいニッポンですが,己らがしておいて国難だと。嘘つきが一番悪いのですが,それも許す人間も同罪です。
by Enrique (2017-10-19 07:50) 

momotaro

おっしゃるとおりです。
アメリカの支配下にあるところを誤魔化すからすべてが欺瞞となります。
みなが騙されている、というか、政治家が騙している不思議の国です[右斜め下]?[右斜め下]?[右斜め下]?
by momotaro (2017-10-21 07:23) 

Enrique

momotaroさん,
肝心なこと,本質的な事を隠し(単に知らない・知ろうともしない),どうでも良い事で目をそらさせながら,アメリカの要求を進める。そして権力者とそれに群がる者たちは何をやっても構わない。それを追求する者が追い落とされる。こんな社会でいいわけがありません。早急に是正しなければいけません。
by Enrique (2017-10-22 07:16) 

Ujiki.oO

Enrique さん、こんばんは。おっしゃる通りだと存じます。

1.敗戦国日本に対する、米国による占領政策が継続する現実

 占領軍が「日本の領地拡大」の軍国化の原因であると言う「財閥」を解体しましたが、「日本の二重会計」は解体しませんでした。 それは「核物質を輸入」させるのに「特別会計」が貢献し続けています。 ソ連に対抗し、米国で核兵器の為に製造し過ぎた核物質を日本に売り付けるのには「一般会計」での処理は不可能です。 「特別会計」と言う裏の予算、裏の取引で米国主導で「核物質」を日本は輸入し続けています。 米軍の空母で「核物質」を運びます。 太平洋戦争の戦時予算を扱った「特別会計」を残した米国占領軍によって、「特別会計」で「核物質」を買わされ続けています。

2.日本の摩訶不思議「特別会計」を、糾弾すると生命が危うい!

 自民党は「なれあい」を好みます。 自民党の直前の政権をとった政党が、「特別会計」システムを国会で糾弾する「その日」、担当国会政治家は自宅前で殺されています。 有名な事件です。
 その後、生命に危険の及ぶ「特別会計」を糾弾する政治家は現れません。

3.日米原子力協定で米国は金だけでなくて莫大な利益を得ている

 製造し過ぎた「核物質」を、日本に移送できるメリットは大きく、超危険物の保管が無用となるメリットだけでなくて、日本は金を出して購入すると言うダブルのメリットが30年間続いている。 米国においては製造し過ぎたと言う意味で無用となった「核物質」を、日本は30年間有料で輸入し続けている。 米国にとっては「ただただ、ありがたい」存在は日本。

4.日米原子力協定と二重会計「特別会計」は裏社会のワンセット

 「莫大な金」が流れる「核物質」取引で、政府を中心に、原子力発電に関係する「一部の利益分配」が存在する。 政治家を自宅前で殺す程に既得権益を守りたい闇社会が存在する。

5.マスメディアは沈黙を続ける体たらく

 「記者席への出席拒否」を恐れて、問題の根幹に触れない。 米国との裏社会に触れなくても、一般的なニュースを流しているだけ。


* さて、過ちは「戦争」でしたが、敗戦国として米国の占領政策が続いており、Enrique さんのご指摘の通り、どう考えてもバランス感覚の無い通商貿易覚書と言える「日米原子力協定(契約)」は一度「白紙撤回」するべきです。 「30年間核物質を輸入し続ける契約」部分を「白紙」にするべきですよね。
by Ujiki.oO (2017-10-23 23:28) 

Enrique

Ujiki.oOさん,「米軍の駐留費用を日本に全て負担させる。それがイヤなら撤退させる」と息巻いていたトランプさんはどうなったのでしょう?ビジネスマンのトランプさんの感覚でも計り知れない様なトンデモな実態を知らなかったのでは?と思います。
日本の総理大臣でも知らない様な闇が渦巻いている。恐ろしい事です。そこまで身を切ってサービスしなくても,もう少しやりようもありそうなものですが,人の良い日本人はいいように追い込まれてしまう。アメリカに盾突く様な政治家はあっという間に葬り去られてしまう。国民も知ってか知らずかそれに同調してしまう。悲しい性です。
ドイツがここまでしているか?アメリカの植民地だったフィリピンだって対米独立しているではないか?なぜ日本が出来ないのでしょう?お利口さんの日本型エリートの限界なのでしょうか。自らの考えを持たず自己主張しない日本人の性なのか。。。内向きになって日本はスバラシイとか言っている間に国際的にはどんどん取り残されています。
by Enrique (2017-10-24 17:55) 

Ujiki.oO

Enrique さん、新たなコメントに感謝します。

http://create2014.blog.so-net.ne.jp/ProductLiability20110311#comm201806101625
by Ujiki.oO (2018-06-10 21:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。