So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の政界スキャンダルに関わるニューヨークタイムスの記事

Bigotry and Fraud Scandal at Kindergarten Linked to Japan’s First Lady
By JONATHAN SOBLEFEB. 24, 2017

「日本のファーストレディにつながる幼稚園での偏狭と不正行為」
と題する記事が,24日付のニューヨークタイムスの記事に載っています。日本での報道が鈍い中,すでにロイターでも報道されていました。
以下にニューヨークタイムスの記事を引用しますが,かなり詳しく報道されています。
以下,Google翻訳に多少手を入れた翻訳です。

日本の政治不祥事の渦中にある超保守的な学校である塚本幼稚園では、彼らの戦前の曽祖父母らが認識したかもしれない教育が子供たちに受け継がれている。

彼らは軍歌で整然とした列を作り行進する。彼らは19世紀の天皇によって定められた愛国的行為のための指示を暗唱する。学校は、「世界の最も純粋な国家」である日本の子どもたちに「愛国心と誇りを育む」ことを目的としている。

現在、塚本と伝統派の支持者(安倍晋三首相の妻を含む)らが火中にいる。この学校は、中国と韓国人に対する偏見を促進し、政府から不法な資金援助を受けていると非難されている。

増え続ける抗議は安倍氏の保守的な政権を守勢にさせ、ますます影響力が強まる日本の右翼教育運動の暗い側面に注目が集まっている。

安倍晋三氏は、妻の安倍昭恵氏が塚本の所有する新小学校の「名誉校長」を辞任したことを国会で明らかにした。

その学校は、民間の財団である持ち主の土地にあるが、今月細部が表面化したところによれば、その土地は、政府から急峻なディスカウントで(特別扱いの手数料で有利に)購入された。

「妻と私は、学校の免許取得や土地取得に全く関与していません」と、安倍氏は立法府に語った。 「もしあれば、私は政治家を辞任するだろう」

安倍氏をはじめとする日本の保守主義者たちは、リベラルなバイアスのかかった教育制度は、左派の教師が日本の戦争罪について「マゾヒスティックな」物語を広げ、より強固な伝統的価値観に対する個人主義と平和主義を促進する場と見なしている。

学習院大学の佐藤学教授は、塚本は右に押し戻そうとする右派による努力の極端な先端なのだと指摘する。

「戦後教育制度の基本原則である平和主義と民主主義の拒絶である」と佐藤教授は語った。

塚本では、旧式の愛国心の陳列に時折偏見を帯びていることがある。

先週、学校は「外国人からの誤解を招く可能性のある表現」を含む声明をウェブサイト上で謝罪した。

親たちは、PTA費のような日常的な問題の苦情に対し、「韓国人や中国人が邪悪な考え方をしている」と非難している学校関係者との間違った批判に会わなければならなかったと言っている。彼らは、学校の校長である籠池泰典が、学校に異議を唱えた朝鮮族や中国人の祖先を持つ親たちを非難したという。

籠池氏の「問題」は、外国人の精神を継承した人々が、日本人の外見で私たちの国に存在するということだった。

安倍氏は、塚本で行われていた伝統主義を幾分ソフトにした版を擁護し、日本の教育を彼の在任中に優先的に見直した。

日本の新聞社が入手した新しい小学校向けの早期広報パンフレットでは、籠池氏は安倍氏の名を冠した。後に籠池氏は、別の名前を選んだ。首相が要求した通りに変更されたという。

安倍氏は歴史教科書の改正を支援し、一度のアジア帝国における日本の虐待の描写をトーンダウンさせ、公立学校のカリキュラムの標準的な部分である愛国心の促進を含む「道徳教育」を行うための法律を制定した。

塚本は愛国的なアプローチをさらに進めている。

数年前には、1890年に制定された軍事戦前の学校カリキュラムの基礎となった勅令で、第二次世界大戦後に否認された教育勅語を暗唱したことで、最初に名声を得た。

保守派は、書き換えを伝統的価値観に対する賛美と見なす。より権威主義的な時代への逆戻りとしての自由主義者である。そうするために、生徒が家族を愛し、「すべての人に慈悲を広げ」、「習いを学び芸術を育む」ことを奨励するだけでなく、天皇の "善い忠実な主体"であり、そうするために召集されたときに "国家に勇敢に自分自身を提供する"ことが奨励される。

インタビューでは、塚本から子どもを引き上げた5人の母親が、学校で狂犬病だとかと言われて籠池氏や副園長を務めている妻から民族的に嫌な言葉で攻撃を受けたと話した。彼らは話すことでの社会的排斥を恐れて匿名を求めた。

ある母親は彼女の家族が韓国を好きだと言っていて、そこで休暇をとることもしばしばだったが、息子が先生に予定旅行を話したとき、先生は韓国が "汚れた場所"であり、家族はもっと良い日本のどこかを訪れるべき"と言った。

もう一人の母親は先生が彼女の息子が「犬のような匂いがしている」と言っていて、籠池氏は彼女を「反日の外国人」と呼んでいたと話した。

籠池氏と連絡しようとする試みは失敗した。森友学園塚本を運営する財団の電話に出た女性は、学校とその土地取引に関する日本のニュース報道は「不公平」だと述べたが、彼女は詳しくは触れなかった。複数のフォローアップコールは未回答だった。

幼稚園の園長を務めるだけでなく、籠池氏は森友学園を率いており、安倍氏や他の有力な保守政治家をメンバーとする著名な右翼の圧力団体である日本会議の大阪支部長を務めている。

木曜日に財団が削除した森友学園のウェブサイト上のメッセージで、安倍氏は「優秀な道徳教育の基礎に基づいて、日本人として誇りを持っている、強いバックボーンを持つ子どもを養う」と称賛した。

日本の稲田朋美防衛相も、籠池氏の仕事を称賛し感謝状を送っている。

塚本を養子縁組の題材から本格的なスキャンダルに変えた土地買収は昨年行われたが、細部が現れるまで数ヶ月かかった。

国会議員の政府記録と証言によると、財務省は森友学園に、大阪郊外の空港近くの2エーカーの空き地を1億3,400万円(約118万ドル)で売ることを許可した。

省が最初に封印した価格は驚くほど低かった。同省は、土地価値を過去に比べて7倍高い956百万円と評価していた。比較すると、わずかに大きい近隣のプロットは、2010年に14億円で地方自治体の豊中市で購入された。

同省は、森友学園が負担しなければならない浄化費用を考慮して価格を引き下げたとしている。それには、廃棄物に含まれるコンクリートやその他のごみだけでなく、砒素や鉛濃度の上昇が含まれているとのことです。

野党の政治家は、その計算の説明を省庁に要求している。物語をブレイクした朝日新聞は、籠池氏は、森友学園は、約1億円をクリーンアップに費やし、それが受け取った割引の一部だと言っていると報じている。

新しい小学校は、今や多くの部分が建てられている。

奈良学園大学学長の梶田叡一氏は、森友学園の認可を受けた認可協議会会長を務めていたが、同審議会は審議の際に土地取引については語られていないと述べた。

彼は、森友学園のイデオロギーは、日本の古代アニミスト宗教である神道に重点を置いているが、学校開設の障壁ではなく、その決定をレヴューしていると述べた。

「不適切なことがあれば、許可を取り消すことができる」と彼は語った。 「彼らが神道主義者であろうと右翼であろうと、親がそれを望むなら、それは私たちの反対するところではない」

原文:


TOKYO — At Tsukamoto Kindergarten, an ultraconservative school at the center of a swirling Japanese political scandal, children receive the sort of education their prewar great-grandparents might have recognized.

They march in crisp rows to military music. They recite instructions for patriotic behavior laid down by a 19th-century emperor. The intent, the school says, is to “nurture patriotism and pride” in the children of Japan, “the purest nation in the world.”

Now Tsukamoto and its traditionalist supporters — including the wife of Prime Minister Shinzo Abe — are under fire. The school has been accused of promoting bigotry against Chinese and Koreans and of receiving illicit financial favors from the government.

A growing outcry has put Mr. Abe’s conservative administration on the defensive and drawn attention to the darker side of an increasingly influential right-wing education movement in Japan.

Mr. Abe said on Friday in Parliament that his wife, Akie Abe, had resigned as “honorary principal” of a new elementary school being built by Tsukamoto’s owner.

The school sits on land that the owner, a private foundation, bought from the government at a steep discount — a favorable deal that invited charges of special treatment after details surfaced this month.

“My wife and I are not involved at all in the school’s licensing or land acquisition,” Mr. Abe told the legislature. “If we were, I would resign as a politician.”

Mr. Abe and other Japanese conservatives often accuse the education system of liberal bias, seeing it as a place where left-wing teachers spread “masochistic” narratives about Japanese war guilt and promote individualism and pacifism over sturdier traditional values.

Tsukamoto is at the extreme edge of an effort by rightists to push back, said Manabu Sato, a professor who studies education at Gakushuin University in Tokyo.

“It’s a rejection of the postwar education system, whose basic principles are pacifism and democracy,” Professor Sato said.

At Tsukamoto, displays of old-style patriotism have sometimes shaded into prejudice.

The school apologized on its website last week for statements that contained “expressions that could invite misunderstanding from foreigners.”

Parents said complaints about mundane-seeming matters like parent-teacher association fees would be met with chauvinistic diatribes, with school officials accusing “Koreans and Chinese with evil ideas” of stirring up trouble. They said the school’s principal, Yasunori Kagoike, accused parents who challenged the school of having Korean or Chinese ancestors.

“The problem,” Mr. Kagoike said in one notice sent to parents, was that people who had “inherited the spirit” of foreigners “exist in our country with the looks of Japanese people.”

Mr. Abe has made overhauling Japanese education a priority throughout his career, championing a similar if softer version of the traditionalism practiced at Tsukamoto.

In early publicity pamphlets for its new elementary school obtained by the Japanese news media, Mr. Kagoike proposed naming it after Mr. Abe. Mr. Kagoike later opted for a different name, a change that the prime minister said had been made at his request.

Mr. Abe has supported a drive to amend history textbooks, toning down depictions of Japan’s abuses in its onetime Asian empire, and he passed legislation to make “moral education” — including the promotion of patriotism — a standard part of the public school curriculum.

Tsukamoto has taken the patriotic approach to schooling further.

It first gained notoriety a few years ago for having pupils recite the Imperial Rescript on Education, a royal decree issued in 1890 that served as the basis for Japan’s militaristic prewar school curriculum and that was repudiated after World War II.

Conservatives see the rescript as a paean to traditional values; liberals as a throwback to a more authoritarian era. It encourages students to love their families, to “extend benevolence to all” and to “pursue learning and cultivate arts” — but also to be “good and faithful subjects” of the emperor and to “offer yourselves courageously to the state” when called upon to do so.

In interviews, five mothers who pulled their children out of Tsukamoto said they had encountered chauvinism at the school or had been attacked by Mr. Kagoike or his wife, who serves as vice principal, often in ethnically bigoted terms. They asked for anonymity because they feared social ostracism for speaking out.

One mother said her family liked South Korea and often vacationed there, but that when her son told his teacher of a planned trip, the teacher said that Korea was a “dirty place” and that the family should visit “somewhere better in Japan.”

Another mother said teachers had told her that her son “smelled like a dog,” and that Mr. Kagoike had called her “an anti-Japanese foreigner.” (She is Japanese.)

Attempts to reach Mr. Kagoike failed. A woman who answered the telephone at the foundation that operates Tsukamoto, Moritomo Gakuen, said the Japanese news reports about the school and its land deal had been “unfair,” but she did not elaborate. Multiple follow-up calls went unanswered.

In addition to serving as principal of the kindergarten, Mr. Kagoike heads Moritomo Gakuen and is a director of the Osaka branch of Nippon Kaigi, a prominent right-wing pressure group that includes Mr. Abe and other influential conservative politicians as members.

In a message on Moritomo Gakuen’s website, which the foundation removed on Thursday, Ms. Abe praised it for “nurturing children with strong backbones, who have pride as Japanese, on a basis of superior moral education.”

Japan’s defense minister, Tomomi Inada, has also praised the foundation, sending Mr. Kagoike a formal letter of appreciation for his work.

The land deal that turned Tsukamoto from a subject of raised liberal eyebrows into a full-fledged scandal took place last year, though the details took months to emerge.

The Finance Ministry allowed Moritomo Gakuen to have the land — a two-acre vacant lot near an airport in an Osaka suburb — for 134 million yen, or about $1.18 million, according to government records and testimony by ministry officials in Parliament.

The price, which the ministry initially kept sealed, was surprisingly low. The ministry had previously assessed the land’s value at 956 million yen, seven times higher. In comparison, a neighboring plot only slightly larger was bought by the local municipality, Toyonaka City, for 1.4 billion yen in 2010.

The ministry says it lowered the price to account for cleanup costs that Moritomo Gakuen would have had to bear. It said the lot contained discarded concrete and other refuse as well as elevated levels of arsenic and lead.

Opposition politicians are pressing the ministry to explain its calculations. The national daily Asahi Shimbun, which broke the story, quoted Mr. Kagoike as saying Moritomo Gakuen had spent “about 100 million yen” on cleanup, a fraction of the discount it received.

The new elementary school now sits partially built on the lot.

Eiichi Kajita, the president of Naragakuen University who also was chairman of the licensing council that granted Moritomo Gakuen permission for the school, said the council had not been told about the land deal when it made its deliberations.

He said Moritomo Gakuen’s ideology, which includes an emphasis on Shintoism, Japan’s ancient animist religion, was not a barrier to its opening a school, but that the council was reviewing its decision.

“If there was something inappropriate, permission could be revoked,” he said. “Whether they’re Shintoists or rightists, if parents want that, it’s not our place to object.”
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 8

コメント 4

majyo

これは日本だけの問題ではないですね
このようなカルト的な軍国幼稚園や新設小学校の経営者や
それに関わる日本の総理大臣夫妻
のけぞるような教育に 感動したと言う安倍夫妻
それは軍国主義復活を世界にアピールしたようなものですね
どんどん世界で報道してほしいです。


by majyo (2017-02-28 20:26) 

Enrique

majyoさん,外圧でも無いと日本は正常化できないのでしょうかね。カルトが大きな顔をし出すと,マトモなものが叩かれます。残念ながらそれに乗る国民も多い。NHKも読売もやっと報道しましたが,「関係ないと言っているので,早く終息を」みたいなものです。首相が言えば,目の前のカラスは白いと言って,そうだそうだ白いと言っている様な人たちが恥を知らないとどうしようもないようです。黒いものは黒いと。
by Enrique (2017-03-01 20:47) 

momotaro

この問題は、次の点で超大問題です。
国が特定の教育機関に半端でない便宜を図ったということ、そこの教育方針が戦前行われていた歪んだ民族主義であること、この問題に安倍夫妻が大いに関わっていたこと。
この問題が不問に付されるようなことがあれば、もう怖いものなし、国家主義独裁国家がほぼ完成してしまいます。
外国紙も、この問題の成り行きには大いに関心を寄せていることでしょう
by momotaro (2017-03-02 23:19) 

Enrique

momotaroさん,このような例は国民の意識構造の問題だと思います。空気を読み,軍国主義になびいていれば安泰。何も考えずに甘い汁が吸えると考える者が出てきます。こういう者が出てくる事は社会が悪い状態になっている証左です。元凶の政治家が一番悪いのですが,空気を読み,善悪を考えることなく忖度する者,更にはそれを積極的に利用する者が出てきます。
仰る通り,こういう問題が不問では本当に悪い国になります。
by Enrique (2017-03-03 17:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0