So-net無料ブログ作成

げんぱつ編(ボクの日記)

核持たないといけないって,お友達が言ってるよ。
げんぱつって核の元なんだから,ちゃんと動かしておかないとダメなんだ。

あっ,でもそれこくみんに言ったらダメだって先生言ってたから,ボク言わないよ。
デモとかで騒ぐやつらがいるから。言いつけ守るんだ。
しっかり儲けないといけないよ。ニッポンのGDP上げて,
アメリカにもうけさせてあげないと,ほめてもらえないよ。

日本のがっこうの先生はボクのことほめてくれないからキライだ。
だから,ボクのけん力でいじめてやるんだ。
にっキョーソはおじいちゃんの敵だからボクもキライだ。
僕にもんくいうやつってにっキョーソに決まっている。お前のカーチャンデーベーソ。

ちゃんとアメリカと打ち合わせをしたお役人さんの言う通りにしないといけないよ。
だから,教育が大事なんだ。
教育のもとになる法りつには,バカな国民に先生が直接責任を持つなんて書いてあったから,にっキョーソなんてやってダメな人多いんだよ。悪いけん法にやられてるんだ。だからボクがもとの法りつ変えてやったんだよ。ボクをしじする人たちからいっぱいほめてもらえたよ。もとのけん法悪いから,ボクが意味わかるように直さないといけないな。

こくみんにけん力があるなんておかしいよ。けん力はボクらだけ。
こくみんのけん利?ボクらがやりやすいようにやるってことでしょ?
しゅうきょうってそのためにあるんでしょ。

ボクがアンダーコントロールにしてオリンピック呼んだんだから。
げんぱつのじゅう民にはお家に帰ってもらわないと困るんだ。
そうしないとボクうそつきになっちゃうじゃない。
ボクうそつきキライだから,一度もウソなんかついたことないよ。
自分に正じきなんだ。だってボク痛くもかゆくもないもん。

みんしゅ党の時に事故が起こったんだから,あいつらが悪いんだよ。
ドタバタ慌てやがった。面白かったよー。全電源そーしつってなーに?
何か知らないけどそんなことゼッタイ起こらないって,ボクがちゃんとげんこう読んであげたのに,なっちゃったんだから,あいつらが悪いのね,ボクしーらない。だから,ボクがげんこう読んだのぎじろくから削除してもらったよ。

でも,じこのじっけんもしておかないといけないんだ。
いちどじこがおこったくらいでげんぱつやめたら,核ぶそうできないじゃないか。
げんぱつはアメリカがアブナイくてもういらないって言うから,せっかくいっぱいお金出して大きな会社に買てもらったのに。
うちゅくしいニッポンの世界一の技術でやってるんだからスゴイゾー。
わかんない奴らバカだよなー。別にアブなくたっていいじゃん。悪いヤツらに攻め込まれる位だったら,アブナイほうがいいよ。ボクよその国にいっぱいお金あげてるから,どこの国でもボクによくしてくれるよ。安心だーい。
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 12

コメント 4

majyo

嘘をついてはいけないのが家訓のボク
うそも何度もつくと 嘘でなくなるね。
嘘を国会で言っても 議事録消せばいいんだよ
僕の言う事役人は守るから
教育を変えよう!
とりあえず天皇がえらいけど、政治には口を挟めないから
ボクが一番だね
ニッキョーソなんて くそくらえ
僕が一番だ

アベ日記 今度勉強して マジョも書きたい
でも難しいからEnriqueさんに任せよう
また続きをお願いね
by majyo (2017-02-12 21:11) 

momotaro

まったくこの感覚なんでしょうね
役人の原稿を間違いなく読めれば、言ったことになんの責任も感じない
事故が起きたのは当時の政権党の責任
こんなトップの頭の空洞を許していてはいけませんよね
あんな大災害を起こした責任は、あの時のあの答弁にあるのですから、あんなことを言って質問者の懸念に何ら対策を講じなかったことにあるのですから、その後の政治活動など、まして首相を務めるなど、とても許せることではありません。
by momotaro (2017-02-13 05:36) 

Enrique

majyoさん,ひらがなで書くのは結構骨が折れますね。
しかし,大人の感覚では普通出来ないことを平気でかますのですから,こんなものなのでしょう。
by Enrique (2017-02-13 07:29) 

Enrique

momotaroさん,この人が2度目に登場する時,多くの人は「えっ,どうして?」と思ったはずです。
おじいさんの時も国民はなぜ戦犯が首相になるのかと訝ったわけですが,いずれも軍事条約がらみでした。見た目は民主主義を装っていますが,国民の意思というよりも何処かで決めたことを追認させることがまかり通っている様に思えます。
by Enrique (2017-02-13 07:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0