So-net無料ブログ作成
検索選択

投票日の報道 [マスコミ監視]

NHKの報道をチェックすると,あの手この手で,投票意欲を削ごうと腐心したように感じられました。

公示してすぐに,「自公改憲勢力が2/3の見込み」と流して,しれっと関係のない報道を繰り返し,「争点隠し」ならぬ,「選挙隠し」をしました。

アベノミクスが争点だと,マスコミ自らも流すのですから,それならばこの経済政策の成否・功罪を中立的に吟味しなければならないはずです。NHKのラジオニュースは話半分でしか聞いていませんが,それをまともにやったようには思えませんが,公示と同時に,「自公改憲勢力が2/3の見込み」。事前に「天候が悪い」,「投票率は前回より低そうだ」と流し,投票日当日の10日は,朝から「投票率が低い低い」とアナウンスしています。

同ラジオニュースでは,朝10時現在,前回同時刻より0.69%低いと流していました。総務省発表の数字ですが,投票行動は続いている訳ですから,報道が何らかの影響を及ぼすのは間違いありません。4日に流した,「最終投票率の見込みは前回より2%低そう」だ,という予想通りの滑り出しであるかのようです。

いや,明らかに事前報道は外れです。
同時点での比較なのですから,NHKが聞き取り調査と称して報道したように,「最終投票率」が前回よりも2%のダウンになるのであれば,「期日前投票分」で3%アップしているのですから,「当日投票率」は5%マイナスで無ければいけませんが,それほどの落ち込みではありません。

しかも,朝11時現在では,0.5%のダウンに回復しています。
じわりと伸びました。

そして,14時現在では,前回よりも0.12%のダウンにまで回復しています。
それでも,NHKのwebニュースでは「低い,低い」と,同じ事を2回書いています。

マイナス2%の予想は明らかに外れそうな気配です。この調子なら,投票日のみの投票率でもプラスに行きそうです。

7時のTVニュースでは,「間もなく投票終了」だかの固定テロップを打ちながら,16時現在での投票率が前回よりも0.04%のアップとの報道です。前回を上まわりました。

これなら,期日前投票率の増加分の3%程度の投票率のアップが望めます。

理由はさておき,事前の誘導報道にも拘わらず最終投票率は前回よりも上がったはずです。


この記事は10日に書いていましたが,後に加筆したものです。
投票率は低めのスタートでしたが,じわじわ伸びました。
本文に示した様に16:00には前回をわずかに上回りました。
最終的には前回を若干下回ったようですが,期日前投票の増加分が大きいので,ほぼその分は増加したはずです。

投票中の選挙報道は禁止されるべきです。特に,我が国の選挙では投票率の推移が結果に大きく影響することが明らかなのに,事前報道はもちろんのこと,投票時間中でも低い低いと流す。意に反してか?投票率が前回よりもプラスに転じると見るや,「間もなく投票終了」とテロップを打ちました。

非常におかしなことです。期日前投票分が前回よりも大幅に増えているわけですから,当日の投票率が前回と同じであっても,その分上るわけで,実際にほぼそうなりました。NHKが報道したように,「期日前投票分が前回よりも大幅に増えているにも拘わらず,最終投票率が下がる」ためには当日の投票率が大幅に下がらないといけません。しかし,NHKは繰り返し低い低いと報道したのですが,その通りにはなりませんでした。ここでは,NHKの報道が行ったおかしな事実のみを記しておきます。当初私はこの記事を「国民の敵NHK」としましたが,「国民」と言ってもいろんな立場の人がいるでしょうから,敢えて客観的なタイトルにしました。
nice!(18)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 18

コメント 6

majyo

もうこの国のテレビは全滅ですね。
ここまでやるか!というくらいヒドイです
当落予想もやめて欲しいです。誘導性をすごく感じます
アナウンサー他、すべてその調子ですね
新聞、NHKは 正しいと思っている人たちにわかって欲しいです
by majyo (2016-07-13 21:15) 

Enrique

majyoさん,世論調査も問いつめでいくらでも誘導できますが,一応やり方は伝えます。RDDだかで,どういう質問で何人から回答を得たとか。しかし,選挙予測ははっきりとした根拠も示さずに出す。誘導以外の何ものでもありません。おまけのとどめの,投票率低いぞ低いぞ報道。
「もう結果決まってるぞ,投票行っても無駄だぞ,行く人少なそうだぞ。」と。
こんな悪意に満ちた報道,あるかと思いますね。
by Enrique (2016-07-14 13:58) 

Ujiki.oO

 わたしは「選挙管理委員会」と言う、「国民側の立場、国民側の利益を護る管理者による監視」が無い、今の「選挙管理」を疑い出しています。

 「行政側の言うことに基本的にNOは言いません!」を決め込んでいる政党を、心底「応援」支持している官僚トップからの圧力は、「日曜日に集まる役所の職員が電話とコピー機を使い放題で政治支援に休日出勤扱い」の行動を、暴けば良い。

 日本では「政権を失うと、政党名を捨てる」と言う「オオバカ」があります。

 「行政改革」を本気で考えて、「無駄な支出を停止に追い込もうとした民主党」は、本当に「官僚側から嫌われる政党」となった途端に、「自民党をこそ返り咲きさせる」と言う、官僚の国家規模の統制が、「けつを割る」あべしんぞうと「ツルム」今の日本国は、ある意味「軍属に支配された戦争国家の時代」と変わりません。

 「わたしの清き一票」が、「選挙管理委員会」に紛れ込む官僚からの洗脳によって、ひょいと「自民党のカウンター」を動かすのに流用されている可能性を考えたりしてしまいます。 病気は ・・・・・ わたしかも知れません。(大笑)
by Ujiki.oO (2016-07-18 06:05) 

momotaro

まったくマスコミは、特にNHKの報道は、当てにならなくなりました、積極的に騙すようになりました。
前回の衆院選もそうでした、始めから水を差します。
by momotaro (2016-07-19 07:11) 

Enrique

Ujiki.oOさん,おっしゃる通りです。
日本中を覆うおかしな流れに疑問も抱かない人が多過ぎる様に思います。流れに任せるのが正解かの様に。誘導された解の正当性・不自然さに何も感じない。おっしゃる様に,中立であるはずの役所が公金を使ってあからさまに与党を支援することに内部者も住民も疑問を挟まない。そして行政改革を唱えた政党がつぶされるのは一体どういう事なのでしょう。
by Enrique (2016-07-20 04:48) 

Enrique

momotaroさん,前回から既にそうですか。
それに騙される方が沢山います。教科書の様に信じるのですから,それに異を唱えると,異端者扱いになってしまいます。
by Enrique (2016-07-20 05:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1