So-net無料ブログ作成

報道のおかしさに気がつかない善良な方々へ [マスコミ監視]

今の報道が,まともでおかしくないと思う方は,ぜひ,戦前戦中の新聞を見て下さい。

全然おかしくないと感じると思います。
旧仮名遣いなどは別です。

私は,中学生の時にそれを見ました。
それは,朝日新聞の90周年記念の縮小版でした。

多くの国民は,中学生よりは大人なはずです。
戦後の教育を受けた私は,戦中の新聞などとんでもなくひどく,
軍国主義に偏ったものだとばかり思っていました。
しかし,それを見て全く普通で酷く感じられない事に衝撃を受けました。

広告だって普通に入っています。
戦況に関する記事はいわゆる「大本営発表」ですが,
その後の歴史を知らなければ,その当時の人々なら皆信じるようなものです。
日々の報道は,一見平和そのものです。
その紙面からは前線の悲惨さや人々の生活の苦労は何も伝わって来ません。

しかし紛れもなく一般国民は騙されていたのです。
当時の国民多数も,それを信じて
(中には信じない人もいたわけですが,そういう人達を「非国民」と罵りながら)
あの戦争に突き進み,
何百万もの貴重な命を無駄にしたのです。

いまの新聞記事を見て下さい。
確かにパッと見,おかしくはありません。
しかし,少し想像力を働かせば,戦時中の新聞,大本営発表そのものです。
こういうものを,わざわざお金払って読んでいるのです。
戦時中だってそういう事だったわけです。

現政権がいかにもすぐれた外交を繰り広げ,良い経済政策を行い, 結果を出しているかのように。
なのに,醜い野党は批判だけしていると。
そして,「自公改憲勢力が2/3の勢い」だと,
各社横並びで繰り返すのみで,詳しい内容は伝えようとしません。

TVや雑誌では日本賞賛記事にあふれています。
日本は優れているのだ,自信を持たないといけないと。
この様な現象はここ数年起こっていることです。
2年前にそれを肌で感じて記事にしました。
その後はTVを見なくなったので知りませんが。

今マスコミは,全く一般国民の立場に立っていません。
それをしようとしないどころか,その能力すらないのかもしれません。
何としてでも戦争をしたい勢力が完全にマスコミを牛耳って,
平和に馴れた国民を騙し,その道に進もうとしています。
マスコミは,元々権力に批判的なもの(のはず*)です。
それは戦前であっても同様でした。元々明治維新時に幕府からあぶれて維新政府にありつけなかった人達が始めたからだと言われます。しかし昭和初期には言論弾圧に屈してしまい,国民を間違った道に導いてしまいました。戦後反省して,ジャーナリスト精神を取り戻したはずでした。
国民一人一人に対して,権力は圧倒的な力です。
だから弱い国民の側に立って,権力を監視するのがマスコミの役割なのです。

権力を批判するのがお嫌いな善良な方々にだって,正確な情報が無ければ,盲目の支持,白紙委任になってしまいます。若い子が,何も書かない書類を持って印を取りに来る事があります。「何だこれは?」と聞くと,「判子は形式的なものなんでしょ。」とかと。叱って諭す事は言うまでもありません。

本来,正確な情報を伝え,権力を監視するはずのマスコミが,権力側に立ってしまったら,ひとたまりもありません。こういう者どもに対しては,断固拒否の姿勢でのぞまないといけないのです。国民にはその力があるのです。一人一票の力が。しかし,それを放棄してしまったら,何にも残りません。

あなたがタクシーに乗った時,必ず行き先を告げるはずです。
行き先は知らない,あとは運転手さんにお任せ。そんな事ありえますか?
善良な運転手さんなら,適切なところで降ろしてくれるかも知れません。
しかし,不健康で覚せい剤をやっているような人だったらどうしますか?
それでも「名のあるタクシー会社だから安心」と行き先告げずに乗りますか?
行き先もろくに確かめないで,バスに乗り遅れるからとせかされてバスに乗りますか?
乗ってから行き先が違っていた事に気づいても,引き返せません。
飛び降りる事も出来ません。
行き先を告げないバスに真面目に乗り続けて,事故を起こされたら,どうしますか?
こんな危ないことは止めませんか?


今朝のNHKラジオニュースでもまともに参議院選挙の報道をしません。
トップニュースが,台風1号がひどいひどいと何やら思わせぶりな報道です。台湾では被害に備え軍が準備していると。
二つ目のニュースが,英国の首相が女性になりそうだという報道です。2日後の自国の国政選挙をさておいて外国で女性首相が選ばれそうだと。
やっと三つ目のニュースが,参議院選に関してです。「22日に公示された参議院選挙は」との言い出して,10日が投票日とすら伝えず,あっさり終わり,まともな事は何も伝えません。

*日本におけるメディアの歴史を見ると,必ずしもそうでもないと思われます。ここは話を単純化しました。
nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 20

コメント 6

gonntan

タクシーのたとえはわかりやすい良い喩えですね。どこかで使いたいくらいです。あんたにお任せって、レストランの食事じゃないんですからね
by gonntan (2016-07-08 22:08) 

Enrique

gonntanさん,世の中がおそろしく無知性化しているので,「わかんない」と言ってバカな事をやったり,すべき事をしません。一言で分かるような例えが必要なのかも知れません。
確かにレストランの食事はシェフにお任せでも良いんですがね。でも,それでも気にいらなかったり予想外な請求には文句は言えない訳ですね。
by Enrique (2016-07-09 07:19) 

majyo

タクシーの行先のお話し、まったくその通りですが
行先もわからないで改憲勢力に投票する人がいます
どうするんでしょう。自分たちだって同じ目にあうのに
メデイアが完全に御用メデイアになり、批判精神はありません
ラジオの話ですが、公共放送のNHKは、国営放送になり果てました
今朝のテレビNHKニュースでもちょっと伝えただけですね
新聞、テレビの内部からの改革は出来ないのでしょうか?
このままいったら、とんでも無い国になると思うのに・・・・
戦前の新聞と同じになりましたか ああ(-_-;)

by majyo (2016-07-10 08:24) 

Enrique

majyoさん,NHKは投票率が下がる見込みだと報道しましたが,実際には上がりました。投票率の予想は外れたのに,議席の予想はほぼ当たった模様です。原因は置くとしても投票率が上がったのは良しとしなければならないでしょう。
by Enrique (2016-07-11 08:29) 

momotaro

広く読んでいただきたい記事ですね
題名にあるとおり・・・
by momotaro (2016-07-19 07:00) 

Enrique

momotaroさん,微力でも気がついた人が発信続けるのみだと思っています。
by Enrique (2016-07-20 05:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1